上善若水

上善若水というのは、老子の書「道徳経」より、数々の難解な文書の中にある綺麗な言葉であり、日本酒の名前としても使われている。老子の考えは、軟弱なものが硬くて強いものに勝てる。その代表として水が何回も登場している。水のように生きる哲学として、ソフトウェアの世界でも適用できる。
ソフトウェア工学の開発プロセスでも水に例えて、上流、下流の区別があり、日本では下流より、上流の方を大事にしている印象である。もちろん、上流の設計は大局を掴めて大事なところだが、下流を過小評価する懸念があるだろう。
水は人がいやなところに行きたがり、下の方に、汚くても凹んでいる場所に流れていって、時には道も作っている。システム開発においても、下流は人が行きたくないところ、多くの企業にとって大事にしていない場所であろう。水の如し、人がいやがるところに力を入れてこそ、良い製品を作ることができるのではないだろうか。

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 新人さん向けの品質についての読書会

  2. リクルートサイトリニューアル

  1. Hello, Processing

  2. フロントエンドエンジニア 入社して2か月目で行ったこと

  3. スクラムについての社内勉強会

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP