エンジニアの転職サイト・エージェント経由と直接応募はどちらが有利?

エンジニアとしてキャリアを築いている方にとって、転職は重要なターニングポイントです。転職活動を成功させるためには、どのような方法で応募するかも大切な要素の一つです。

この記事では、エンジニアの転職活動において、転職サイト・エージェント経由と直接応募のそれぞれのメリット・デメリットを比較し、どちらが有利かを考察します。

尚、弊社では転職サイト経由と直接応募の両方でエンジニアを募集しています。この記事ではまず最初に客観的な視点での分析、そして最後に弊社の見解をお伝えします。

転職サイト・エージェント経由の応募

メリット

専門的なサポート

転職エージェントは、履歴書の添削や面接のアドバイスなど、専門的なサポートを提供します。エンジニア特有のスキルや経験を適切にアピールする方法を指導してくれるため、選考を通過する確率が高まります

非公開求人へのアクセス

エージェントを通じてのみ応募できる非公開求人が多数存在します。これらの求人は、企業が競争を避けるためや特定のスキルを持つ人材を探すために公開されないものが多く、直接応募ではアクセスできないケースが多いです。

交渉力の向上

給与や勤務条件の交渉をエージェントが代行してくれるため、自分では言い出しにくい要望を伝えやすくなります。特に、給与アップやリモートワークの交渉など、エンジニアにとって重要な条件を引き出す際に有利です。

デメリット

手数料の問題

企業側がエージェントに支払う手数料が発生するため、企業によってはエージェント経由の採用を避ける場合があります。これにより、選択肢が狭まる可能性があります。

コミュニケーションの手間

エージェントを介することで、情報伝達が遅れることがあります。直接応募に比べて、意思決定が遅れることがあるため、スピード感が求められる場合には不利です。

直接応募

メリット

迅速な対応

企業に直接応募することで、迅速に応募プロセスを進めることができます。エージェントを介さないため、コミュニケーションがスムーズで、面接の日程調整などもスピーディーに進行します。

企業との直接のつながり

転職サイトやエージェントが用意している画一的な応募フォームとは違い、自由な書式で個性をアピールできます。また、企業の採用担当者と直接やり取りすることで、自分の熱意や意欲を直接伝えることができます。これにより、エージェントを介した場合よりも強い印象を与えることができる場合があります

手数料が不要

企業がエージェントに支払う手数料が発生しないため、企業側にとってもコスト面でメリットがあります。そのため、直接応募を歓迎する企業も多いです。

デメリット

限られたサポート

履歴書の添削や面接対策など、エージェントが提供する専門的なサポートを受けられません。全てを自分で準備する必要があるため、特に転職活動に不慣れな方にとってはハードルが高いです。

非公開求人へのアクセスがない

直接応募では、非公開求人にアクセスすることができません。これにより、応募可能な求人の範囲が限定されることがあります。尚、非公開求人の有無は企業によって異なります。弊社では非公開求人は存在していません。

交渉の難しさ

給与や勤務条件の交渉を自分で行う必要があります。交渉力に自信がない場合や、具体的な条件を引き出すのが難しいと感じる場合には、不利になることがあります。

どちらが有利?【一般論】

エンジニアの転職活動において、転職サイト・エージェント経由と直接応募のどちらが有利かは、個々の状況や目指すキャリアパスによって異なります。以下のように考えると良いでしょう。

エージェント経由が有利な場合直接応募が有利な場合
・専門的なサポートが必要な場合
・手間をかけずに多数の企業に応募したい場合
・交渉が苦手な場合
・迅速な転職活動を希望する場合
・企業との直接のつながりを重視する場合
・自己PRや交渉に自信がある場合

どちらが有利?【メディアマックスジャパンの見解】

弊社の場合は、採用に至るまでの費用より、「人材のスキルとパーソナリティ」が最大の合否判断ポイントですので、転職サイト・エージェント経由と直接応募のどちらの方が採用されやすくて有利ということは一切ありません

ただし、書類選考用の書類に記載されている情報が全く同じ内容という前提の場合に限ります。もし、転職サイト経由で送られてきた履歴書や職務経歴書の内容が、転職サイトが定めたフォーマットに則って作成されていて、採用判断にプラスになる情報が掲載されている場合は、そちらの方が有利ということになるでしょう。

そうならないためには、直接応募用に、転職サイトで用意されている履歴書や職務経歴書のフォーマットを参考にして、もれなくご自分についてアピールした書類を用意しておくのがおすすめです。そうすれば、応募方法による有利・不利の差はなくなります。

一般的には、転職サイト経由の応募だと、企業がサイトに紹介料を払わなければならないので、紹介料を払う必要がない直接応募の方が有利だという解説もありますが、弊社の場合はそれは関係ありません。

そもそも紹介料を払いたくなければ最初から直接応募だけにしていますし、会社の発展に貢献してくれる良い人材を「紹介料を払いたくないから」という理由で採用しないということはあり得ません。転職サイトは、良い人材と出会える可能性を広げるという大切な役割を果たしてくれる存在ですので、お金を払ってでも利用する価値があります。

尚、転職サイト・エージェントでは複数の企業に簡単に一括応募できるので手間はかかりませんが、直接応募は1社ずつ念入りに調べるという手間暇をかけて応募してくださるわけですから、直接応募の方が応募者の入社への熱意が高いという印象がプラスに働くことはあります

もし弊社に関心を持っていただいて、直接応募で入社された方には下記の2つの特典をご用意しています。

  • 最短5日スピード選考
  • 新生活応援手当合計10万円支給

弊社に在籍しているエンジニアの50%は直接応募で入社しています。また、全エンジニアの平均勤続年数は11年ですので、長く安定的に勤務しているのがお分かりいただけると思います。

まとめ

エンジニアの転職活動では、転職サイト・エージェント経由と直接応募の両方をバランス良く活用することが理想的です。自分のニーズや状況に応じて、最適な方法を選択し、キャリアアップを目指しましょう。各方法のメリットとデメリットを理解し、自分にとって最も効果的な転職活動を行うことが、成功への鍵です。

メディアマックスジャパンでは中途採用・新卒のエンジニアを募集しています。フレックスタイム制でフルリモートワークも可能な、ワークライフバランスが整った職場で一緒に働きませんか?弊社への入社をご希望のエンジニアの方は、採用エントリーをお待ちしています。

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 新人さん向けの品質についての読書会

  1. AGILE TESTING CONDENSED読書会

  2. プログラマーの新入社員がMMJに入社して感じたこと

  3. mac m1 proで開発環境作り前の話

カテゴリー

アーカイブ

検索


TOP
TOP