メディアマックスジャパン京都本社内の写真

代表メッセージ

システムという目に見えないもので、潜在的な課題を解決するために必要なのはお客様との直接的対話。だからこそ当社では、ほかの会社や他者を挟まずにエンジニアがお客様とやり取りをしています。

例えば、大学のシステム構築。25年以上にわたり大学のサイト制作やシステム構築に携わり、シラバスのデータベース化、実習登録のシステム構築を行ってきました。教員だけではなく生徒にとっても、使いやすく便利なシステムを開発できたのは、直接関係性を築けていたからにほかなりません。

例えば、不動産会社の内製システムの開発。長年、ある不動産会社のパートナーとして、内製システムの構築とそのweb アプリケーション化を進めてきました。

あの東日本大震災の時でも高いパフォーマンスを発揮するアプリケーションを開発できたのは、長年築いてきた信頼関係があり最新の開発言語にチャレンジしてきたから。対峙すべきなのは、画面の中のコードよりも目の前のお客様です。

私たちは、この顧客視点をかなめに真の意味でのソリューションを提供しつづけます。さあ、あなたも一つ上のエンジニアを目指しませんか。

代表取締役 田崎 泰如
代表取締役 田崎 泰如

メディアマックスジャパン株式会社のスタンス

1)ワークライフバランス重視

各スタッフが自分の時間や家族の時間、研究の時間を十分に持つことを支援しています。仕事と私生活がともに充実し、相互に良い効果を与え合う状態を理想と考えます。

2)成長のマインドセット

我々は、知識や技術を、「会社のために身につけるもの」とは考えていません。もちろん、身につけた知識や技術は仕事に役立てるのですが、それだけではなく、自分のため、そして自分と関わっている人たちのために身につける知識や技術である、と考えたいのです。それは、好奇心や探究心を忘れず挑戦し続けることとも通じています。

TOP
TOP